1. 手汗を止める方法TOP
  2. 手汗対策の制汗剤
  3. ≫安い手汗対策クリームってあるの?また本当に効果があるの?

安い手汗対策クリームってあるの?また本当に効果があるの?

安い手汗対策クリームを探しているなら、テサランです。テサランを実際に購入してみましたので、気になる方は、下記記事を参考にしてみてください。

クリームタイプの手汗制汗剤テサランの口コミレビュー

仕事での商談や営業などにおいて緊張する場面に遭遇することは多々あります。緊張するということはその相手は少なからず失礼のないようにしたいと自分が認めている相手ということになります。
そんな大切な人だからこそ、不快感を与えないためにも身だしなみから言葉づかい、礼儀作法などさまざまな部分に気を遣っているはずですよね?
しかしながら、いくら気を遣っても癖やその人の体質によって対処できないものも多く、中でも意外と気にしている人が多いのが手汗です。私もめちゃくちゃ気にしています。

手汗で悩んでいる人は多いハズ

手汗は誰でもかくものですし、熱を外に逃がそうとする人間の生理現象の一つなので全く異常なことではありません。とはいえ、その量は個人差が大きく全く気にならないくらいの人もいれば、手にしている紙が湿ってしまうくらいの量をかく人もいるのが現実です。
多汗の人はかかない人に比べて気にしている重要度は高く、特に仕事柄の付き合いで握手をする機会や誰かに資料を用いて説明するような機会が多い人であればなおさら対策をしなければならないと感じるポイントのひとつといえます。
男性ならまだしも・・・女性でしっとりじっとりは、どう考えてもいい印象を与えません(涙)
手汗がひどいと感じている人は「手掌多汗症」である可能性があります。手掌多汗症にはその程度に応じて段階があり、レベル1は手のひらが汗で湿る程度、レベル2は汗がたれるほどではないけれど汗の水滴ができる程度、そしてレベル3は汗が流れ垂れる程度となっています。
該当するレベルによって深刻さは異なりますし日常生活への支障の出方も異なってくるでしょう。そんな多汗症の原因は実は緊張といった精神的なものだけでなく、肥満やホルモンバランスの乱れ、その他の病気の症状のひとつとしても現れることがあるので、突然そのような体質になった人は体質だと軽く考えずに注意が必要です。

手汗や足汗がひどい場合の病院選び 発汗専用外来が最適!

安いのは、ミョウバン

では、体質としてもともと手汗が多い人が対策として何か取り入れるならばどのようなものが良いのでしょうか?
あまり身近には聞きませんが実は手汗を抑えるための対策クリームが市販されています。もっとも簡易的な物としてミョウバンに制汗効果があることが知られています。近くのドラッグストアや薬局、スーパーなどに市販されているミョウバンを適量水に溶かして手のひらにスプレーすることで制汗効果を得られます。
もともとミョウバンはデオドラント剤として使用されてきたという歴史があるため、制汗作用だけでなく消臭効果も期待できます。しかし、効果の程度は人によって大きく異なり、それほどの効き目を得られないという声も聞かれます。

オルドレミン

それでもミョウバン自体は安く手に入れられるものなので、試してみるのも一つの手です。その他に、汗が分泌される汗腺を塞いで分泌を抑制してくれるものとして「オドレミン」があります。オドレミンには塩化アルミニウムが含まれており、これが一時的に汗の分泌を抑えてくれるのです。1000円程度と安いため、手軽に購入して効果を確かめることができます。ただしあくまで医薬部外品なので、先ほど挙げたレベル3のような垂れ流れてしまうほどの人には効果が薄いでしょう。
また、塩化アルミニウムには毒性があるため、人によっては症状が悪化したり痒みを伴うこともあるので注意が必要です。敏感肌で塩化アルミニウムが不使用のものを利用したいという人のために、制汗と殺菌をしてくれるクリームである「エキシウムクリーム」がありますが、これは手汗にも効果があるとする人がいる一方で、ワキガに対しては効果があるけれどその他には効かなかったという評価も報告されています。
実際その成分には塩化アルミニウムが含まれておらず皮膚への毒性も少なく低刺激のクリームではありますが、その分やはり効果もそこまで高くはありません。
効果と安全性が高い制汗クリームは他にもありますが、高価であることが多く1万円近くする商品もあります。肌への刺激や負担を考えつつ、まずは身近に市販されている商品で様子をみるのが良いでしょう。
当サイトで一番安い手汗クリームはテサランです。

クリームタイプの手汗制汗剤テサランの口コミレビュー