1. 手汗を止める方法TOP
  2. 顔汗対策
  3. ≫40代の主婦がうなじにかけて大量に汗を書くのは更年期?

40代の主婦がうなじにかけて大量に汗を書くのは更年期?

うなじからの汗

40代の女性の場合、うなじにかけて汗をかく原因として最初に考えられるのは更年期障害です。

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れによって起こる身体的・精神的不調のことです。40代になると卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が減少します。

しかし脳はホルモンが少なくなっているため多く出すよう卵巣に指示を出します。

脳から指示は出ているが卵巣は応えることができない…このホルモンバランスの崩れにより心身に様々な不調が生じます。

更年期障害の症状には顔のほてり・のぼせ・脈が早まる・めまい・倦怠感・むくみ・頭痛などがあります。これらの症状は時間を問わず起こり、緊張やストレスによって起こる場合もあります。

多汗症や糖尿病が原因の場合がある

さて、40代になるとなにか体に異常があると更年期障害ではないか、と考えがちです。確かにその可能性も高いのですが、うなじにかけて出る汗の場合他にも2つの原因が考えられます。

「多汗症」が原因の場合

これは体温調節を必要としない時でも全身、もしくは局所で大量の汗をかく病です。

原因ははっきりとはしていないのですが、甲状腺の病や更年期障害などでホルモンバランスが崩れた場合やストレスや生活習慣の乱れによって交感神経が異常に働くことによって起こると考えられています。

糖尿病が原因の場合

二つ目は「糖尿病」です。

これは意外かもしれませんが、糖尿病の初期症状の中には「糖尿病神経症状」というものがあります。糖尿病を発症すると自律神経が障害され、大量にかいてしまったり逆にほとんど出なくなってしまいます。

また血中の糖を分解するインスリンの分泌が減少し、十分に糖が分解されなくなってしまいます。そのため臭いも独特の甘酸っぱいにおいとなってしまいます。

このようにうなじにかけてかく汗には様々な原因があります。

 

うなじの汗を抑える対策

では、どのようにすればこれらの症状を抑えることができるのでしょうか。

ホルモンバランスを整える

まず最初に大切なのが、ホルモンバランスを整えることです。

これらの症状に共通しているのはホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れです。
自律神経には体が活動的になったときに働く交感神経と体が落ち着いた時に働く副交感神経がありますが、自律神経が乱れるとこれらの神経の働き方も異常になってしまいます。

特に交感神経の場合は心臓の拍動を早めたり体温調節をする働きがあるため、ストレスなどがかかりバランスが崩れると大量に分泌されるようになってしまいます。

ストレス発散

自律神経のバランスを整えるためには、できる限りストレスを発散することが大切です。
ストレスは自律神経にダメージを与えるためです。また生活習慣を整えることも大切です。睡眠時間を整えることにより体は適度に休むことができます。

食生活を整えることにより体に足りないホルモンを補うことができます。そして適度な運動を行うことにより体が活発になるとともに、スイッチの切りかわりもしやすくなるためです。

このように生活習慣を整えることにより交感神経と副交感神経、2つの神経のスイッチの切りかわりがしやすくなるようにしていきます。

もし生活習慣を整えても症状が改善されない場合は婦人科や神経内科に行くようにしましょう。病院に行くことで適切なアドバイスがもらえるとともに、薬も処方されるためです。

顔汗を抑える無添加の制汗剤を使用する

流れ出る顔汗やうなじからの汗を抑えるには、安全性の高い制汗剤がおすすめです。おすすめなのは、サラフェプラス。顔汗でなく、頭汗にも使用できます。

サラフェプラス

この記事のまとめ

例えば更年期障害の場合は女性ホルモンの減少によって起こります。

なので女性ホルモンを薬や注射で補うことにより、ホルモンバランスを整えることができます。

多汗症の場合は体温調節を担うホルモンであるアセチルコリンの分泌を減らす抗コリン剤が処方されたり、漢方薬で根本から体質改善を行います。

そして糖尿病の場合は自律神経を整える薬が処方されるとともに、糖尿病の治療も開始されます。

このように似たような症状でも原因によって治療法は異なりますし、発見が遅れると大変なことになる場合もあります。

自分の中で決めつけず、もしなにか疑いがある場合は医師に相談するようにしましょう。