脇汗 臭い ワキガ

MENU

脇汗の臭いからワキガを疑うチェックリスト

暑い季節になると、着る服にも気を付けるようになります。

 

着る服の色によっては、脇汗が目立つことがありますので、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

 

脇から汗が出ないように制汗剤を使用したり、わきの部分に汗とり用のパットを使ってみたりといろいろ工夫をするようになるでしょう。汗の制汗剤の区分としては、手汗、顔汗、足汗、脇汗、頭汗などの専用制汗剤があります。

 

 

しかしそれでも脇汗が気になる理由としては、臭いがする場合です。

 

もしかすると自分はワキガなのかもしれないと気になり始めると、そのことばかりが気になってしまうことでしょう。

 

ワキガであれば、周囲の人から臭いと思われているかもしれませんので、行動もだんだん消極的になってしまいます。

 

もしもワキガならば治療をしていかなくてはなりませんので、本当はどうなのか真相を確かめなくてはなりません。

 

 

ワキガを確かめる方法

ワキガかどうかを確かめる方法としては、自分で臭いをかいでみる方法があります。

 

しかし自分の臭いには慣れているものですので、ほとんどの人が自覚症状がありません。自分で臭いをかいで自覚するのは難しいですので、家族に聞いてみることです。

 

一緒に暮らしている家族であれば正直に答えてくれるはずですので、聞いてみるといいでしょう。

 

友人に聞いたとしても、遠慮して本当のことを話してくれるとは限りませんので、友人に聞いたとしても真実を知るのは難しくなります。

 

家族に聞いてみてもよくわからないということであれば、いくつかのチェック項目に当てはまるかを確認してみることです。

 

ワキガチェック方法

例えば、両親のどちらかや、片方がワキガなのであれば、遺伝をしている可能性があります。

 

食事に関してみると、動物性タンパク質の多い食事で肉中心で食事をしている人も要注意です。

 

お風呂に入るときには、湯船につかることなくシャワーだけで済ませていたり、普段からストレスがたまりやすい人も可能性が出てきます。

 

これらの項目に多く当てはまる人は、疑ってみてもいいでしょう。

 

 

そのほかにも、耳垢でチェックしてみることもできます。耳垢がカラッとしていなくて湿り気味の人や毛深い人も疑いが出てきます。

 

洋服のわきの部分に汗じみがつけばその色もチェックしてみると、脇汗の色が黄色くシミになっているのもあやすくなります。

 

当てはまる項目が多いほど、可能性が高まってきますので、専門医に診断してみるといいでしょう。病院を訪れるときには、皮膚科や形成外科を訪れてみることで診断をしてもらうことが出来ます。

 

 

手術によって治療をしていく場合には、費用のことや、手術跡のことを確認してみなくてはなりません。手術跡がくっきりと残るようであれば、ワキを出すことが出来にくくなりますので、どの程度の跡が残るかを教えてもらっておきましょう。

 

出来るだけ手術跡をきれいにしたいのであれば、皮膚科よりも形成外科のほうがきれいになる場合が多くなります。

 

医師の腕によっても変化しますので、確認はしなくてはなりません。手術をしたくないというのであれば、食生活から改善を試みるといいでしょう。

 

 

今までは動物性の肉中心で食事をしてきた人も、食生活を変えていくことで、臭いを抑えることが出来るようになります。食事内容を和食中心のものに変えていくようにし、低たんぱくで低脂肪の食事を心がけましょう。

 

 

食生活を変えていくことによって、完全に治療が出来るというわけではありませんが、ある程度改善はしてくるようになりますので変えていくことです。他人にどう思われているだろうと思いながら生活をしていれば、無駄なストレスから余分に発汗するようになります。

 

 

必要以上に汗が出れるのもよくありませんので、無駄なストレスを感じないためにも早く治療をしていくようにすれば、積極的に行動もできるようになります。