1. 手汗を止める方法TOP
  2. 脇汗対策
  3. ≫男性でも脇汗が気になる!止める方法を紹介

男性でも脇汗が気になる!止める方法を紹介

手汗や脇汗を気にする女性は多いですが、男性だって気になりますよね。夏場に仕事をしていると、脇が濡れることは少なくありません。
肉体労働や営業で外回りをしている場合はすぐに濡れてしまう人が多いでしょう。エアコンの効いた部屋で働いてても、緊張したりすると濡れてしまうことがあります。
大量に汗が出ると、周囲の人がはっきり分かるぐらい、脇の部分の色が変わってしまいますよね。営業であればクライアントを不快に感じさせる可能性があります。事務職であっても周囲の目が気になって、仕事に集中できないこともあるでしょう。
職場の同僚に陰口をいわれている気がして、精神的に病んでしまうこともあるかもしれません。このように脇汗は、男性が仕事をするうえで大きな問題であるといえるのです。そこで今回は脇汗を止める方法をいくつか紹介します。

男性でもできる脇汗の抑制方法

汗の本来の目的は、体温の上昇を抑えることです。体温が高くなると、体の中のあらゆる組織の温度も上がります。血液やリンパ液も例外ではありません。特にそれらが合流したり集中したりする部分は温度が上がりやすいです。そういった部分を冷やすことにより、身体の温度を効果的に下げられます。
目安としては首の後ろなど、リンパ節がある部分を冷やすと良いです。リンパ節があるところには血管が多く集まっているからです。体温の上昇を感じたら、冷却シートなどを貼って冷やしてください。冷却シートが無ければ、濡らしたハンカチなどを使っても構いません。
ツボを押す方法もおすすめです。手には発汗を抑制するツボがあります。いくつかあるのですが、今回は分かりやすいツボを紹介します。1つ目は小指の根元です。小指の根元と掌の間に盛り上がった部分がありますよね。そこを強く押し込んでください。2つ目は、人差し指と親の骨が結合している部分です。反対の手で探ってみると、くぼみがあることが分かるでしょう。発汗を抑えるだけでなく、さまざまな効果があるといわれています。
参考:知っておいて損はない、脇汗を止めるツボ
上記の方法を試しても止まらない場合は、制汗剤を使用すると良いです。汗をかきそうな日は、前もって使っておくと汗が出るのを予防できます。
参考:脇汗を止める効果があるとされる制汗剤のタイプについて
持続時間は製品によって異なるので、携帯していつでも使えるようにしておくと良いでしょう。揮発性のものは使いやすいですが、効果が薄い場合があります。逆にベタつきを感じるものは使いにくいですが、効果が高いことが多いです。自分のスタイルに合った物を選んでください。

手汗を止める制汗剤ランキング

手汗の制汗剤の人気ランキング