脇汗 臭い 原因

MENU

脇汗は臭いの原因になるのか?その理由とは?

私たちは社会生活を営む動物です。他の人との関わり無しには生活を成り立たすことは出来ません。

 

その為にも他の人に最低限不快感を与えない様な配慮をしたい、自分の身なりは最低限の清潔感を保っていたいと思っている人は多くいることでしょう。

 

清潔感を保つうえでも、自分が脇汗をかいたり脇から臭いがすることが、周囲の人に不快感を与えないか気になる人も少なくありません。特に夏の時期は薄着になるため、腕を上げた時など汗で服が濡れていたりにおいが臭くないか気になると人と近くで接する事も不安になります。

 

 

汗をかくことは自然現象の為、誰にでも当然起こります。特に脇の下は身体の中で汗をかきやすい部位になります。脇の下は汗が分泌されるエクリン腺という汗腺が集中しているからです。エクリン線から汗を分泌する事は、体温調節を行う非常に大切な役割があるのです。夏の時期や身体が熱くなった時などに、脇の下からたくさんの汗が出てしまうことはとても自然なことなのです。

 

 

脇の下が汗で濡れることが気になったとしても、流れる汗は拭いたりパットで抑えることなども出来ます。濡れてしまった服が気になれば服を着替えることも出来ます。

 

しかしながら、脇汗と一緒に出てくるにおいに関しては、周囲の人に直ぐ気付かれる可能性もあります。においがきつくなると周囲の人に不快感を与える可能性も少なくありません。汗をたくさんかくことでにおいが強くなるイメージがありますが、実際には脇汗が直接的な原因なのでしょうか。

 

ちなみに手汗などは、エクリン腺からの汗なので臭うことは、ありません。

 

 

前述したエクリン腺から発汗される汗は99%が水分で出来ている為ために、透明でさらさらしています。ほとんどの成分が水分の為、エクリン腺から出る汗自体には色や臭いはほとんどありません。

 

しかしながら、大量に汗をかくとその水分で服に着いた皮脂などから雑菌が繁殖します。もともと部屋干しなどで服自体に菌が繁殖していた場合は、汗と体温でさらに雑菌が増殖してしまい汗臭くなるのです。エクリン腺からでる汗自身が臭っているわけではないのです。

 

 

脇汗をたくさん書いてしまう人は、服自体に雑菌が着きにくいような洗剤を使用したり服の手入れを行うのがいいでしょう。菌を増殖させないためにこまめに着替えることも大切です。

 

 

汗腺にはもうひとつアポクリン腺というものもあります。この汗腺は脇や耳や陰部などの限られた部位にしかありません。アポクリン腺から出る汗にはタンパク質や脂質などの成分が多く含まれています。色は濁っており粘り気があります。この汗腺からでる汗は時間が経つと独特の臭いが出るのです。

 

 

アポクリン腺から分泌される汗の役割は、フェロモンのように「におい」を出すこと自体がその役割のため、時間の経過と共に臭って当然なのです。アポクリン腺が多い人はこのアポクリン汗の発汗が多くなるために臭い(ワキガ)が強くなるのですワキガは遺伝もその原因になります。

 

 

ワキガ対策のクリームなども市販で出ています。自分の臭いがアポクリン腺の発汗によるワキガに悩んでいる人は皮膚科を受診して相談するのもいいでしょう。