掌蹠多汗症を治す方法を探している人に、5つの確認事項

MENU

手汗を治す方法について

手の発汗は交感神経と副交感神経に代表される自律神経によって制御されています。手汗に悩んでいる人はその自律神経のバランスが乱れているということも考えれます。

 

 

それでは手汗を治す方法、つまり自律神経のバランスを整えるには何をすればよいのでしょうか。

 

 

自律神経のバランスを整える

自律神経のバランスですが、
交感神経が副交感神経より優位になると発汗が促進されます。

 

交感神経とは人が臨戦態勢になったときに作用する神経で、
心臓の鼓動をはやくさせるなどの効果を示します。

 

副交感神経は人がリラックスしたときに作用する神経で消化器を活性化するなどの効果を示します。

 

 

この二つの神経のどちらかが過剰に優位になる状態が長く続くと体に様々な異常が生じるのです。

 

 

手汗を意識しない

まず手汗を治すのに大切なのは自分は手に汗をかくということを過度に気にしないことです。

 

そう意識することがストレスとなり交感神経を優位にしさらなる発汗を促進してしまう要因になるからです。

 

手汗をかくことはそこまで特別なことじゃないんだと言い聞かせストレスを蓄積しないようにしましょう。

 

 

規則正しい生活をしてみる

また規則正しい生活も自律神経を整えるには重要です。

 

普段、働いてるときや運動しているときは一般的には交感神経が優位になっていますが、
食事や睡眠のときには副交感神経が優位になります。

 

食事や睡眠を規則正しく決まった時間にとることで体がリズムを覚え自律神経のバランスが整いやすくなるのです。

 

 

食事のメニューに注意を払う

食事のメニューにも注意が必要です。

 

脂の多いおかずや、
辛いものは発汗を促進してしまうので汗をかきたくないときは接種をひかえるようにしてください。

 

 

睡眠の質を考える

副交感神経は人がリラックスしたときに優位になる神経なので最も活発になるのは睡眠中です。

 

十分な時間、ぐっすりと眠ることは交感神経を抑制することのできる大切な行動といえるでしょう。

 

 

漢方薬の服用を検討してみる

ストレスの緩和、生活リズムの改善をしても一向に手汗の症状が良くならない、
治らないという人は発汗の予防に有効な自律神経のバランスを整える効果が期待できる漢方薬の服用を試してみたり、
病院で医師に診察してもらったりしましょう。

 

 

 

病院を受診したところ、
手の発汗の原因がストレスや生活習慣から生じるものではなく手掌多汗症という病気だと判明したということもあります。

 

 

多汗症は手を動かすと手から汗が飛び散るなど普通では考えられない症状まで悪化することもあるのであまりに症状がひどい場合には、はやめに病院に行って専門の医師にみてもらってください。

 

 

読まれている記事

参考記事:手汗や足汗がひどい場合の病院選び 発汗専用外来が最適!