手汗の原因は自律神経の乱れが原因?その改善策とは?

MENU

手汗の原因は自律神経の乱れ

汗は誰でもかくものですが、体の一部から極端に多くの汗をかくことで悩んでいる人は少なくありません。

 

こうした症状を一般的に多汗症と呼びますが、顔や頭に多くの汗をかく人もあれば、脇汗が多く出る人、そして手のひらから出る多くの手汗で悩んでいる人も少なくありません。

 

 

手汗は誰にもあるものですが、極端に多いと書類が湿ってしまったり、運転などの作業で手がすべるなど様々な問題が出てきます。

 

汗を改善するためにはその原因についても知っておきたいですが、その原因は自律神経の乱れにあるとされています。

 

自律神経は生命活動に欠かせない大事な役割を果たしていますが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうと様々な不調が出てしまいます。

 

そして自律神経の乱れの原因は過度のストレスや緊張、不安などがあるとされています。

 

 

それゆえに手汗を改善するためにはストレスをうまく発散させたり、緊張や不安を取り除く努力も必要となります。

 

さらに生活の乱れも自律神経に影響が出てしまいますので、睡眠や食生活、運動などの改善も行っていきましょう。手汗をすぐに止めたいという場合は医療機関に相談することもおすすめです。

 

治療にも様々な方法があり、薬物や精神療法で対応する場合もあれば、症状が強く出ているときはボトックス、手術などが行われることもあります。

 

治療に頼らずに改善していきたいという場合は市販の汗専用の制汗剤にも良いものが出ていますので、まずはそうした商品から試してみることもおすすめです。

 

手汗を素早く解消する制汗剤ファリネが人気の秘密とは?

 

自律神経を整えて手汗の原因を改善する

交感神経と副交感神経のバランスがとれているのが健康な状態です。これらの神経を自律神経といって自分ではコントロールできない部分になります。この交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまって、うまく調整ができないことが原因で自律神経失調症になってしまうことがあります。

 

 

自律神経失調症には頭痛や耳鳴り、手や足のしびれ、肩こりなどといった様々な症状があり、その中に多汗といって汗がいっぱい出てしまう症状もあります。これがひどい手汗の原因の一つと考えることができるのです。

 

 

ですから手汗を改善するためには自律神経を整えてあげることが効果的といえます。

 

 

では自律神経がなぜ乱れてしまうのかというと、いろいろな原因は考えられますが、その中でも大きな部分を占めていると考えられるのがストレスです。

 

 

ストレスの多い生活をしている人や、すぐに緊張してしまったりストレスに弱い性格の人は自律神経のバランスが乱れやすいといえます。

 

ストレスを感じたりして緊張した状態が続くと交感神経が夜になっても活発に活動してしまって、リラックス状態をつかさどる副交感神経に交代することがなかなかできないといったようにバランスが崩れていくのです。

 

 

この状態を改善するためには、ストレスのある生活から離れるというのも一つの方法です。そしてゆっくりとリラックスして睡眠をとるなど、生活リズムを整えてあげることで身体だけでなく、心の余裕も出てくるので自律神経のバランスも整えることができ、手汗の原因を取り除くことにつながります。

 

 

ぜひ、リラックスできる生活リズムを取り入れてみてください。