手汗足汗を止める方法を探すまえに、他に原因がないのか検討

MENU

手掌即て多汗症を止める方法を探す前に、その原因を探そう

手汗足汗の原因と考えられているのはいくつかあります。止めるにしてもまず原因を探らないことにはなかなか対処も困難ですから、原因を探ってみることが必要です。

 

 

神経学的要素

まず考えられているのは精神神経的な要素です。自律神経のうち、交感神経が活発な状態になると手汗足汗など発汗しやすくなります。なぜ交感神経が活発になってしまうのかはまだ分かっていない点も多いですが、意識してリラックスすることで交感神経を鎮めることができます。

 

例えば、ゆったりした音楽を聞く、好きな香りのアロマをたく、軽いストレッチをする、深呼吸する、といったようなことでもずいぶんと違ってきます。

 

 

 

ホルモンの乱れ

次は、精神神経的な要素と重なる部分も多いのですが、ホルモンの要因です。ホルモンバランスの乱れから発汗につながることがあります。例えば更年期障害や月経などは一因になりえます。

 

 

その他の疾患の影響によるもの

手汗足汗といえば、このように精神的なもの、あるいはホルモンバランス的なもの、という見方が一般的ではあると思いますが、意外なことにその他の疾患で発汗が増加することもありますので、注意が必要です。

 

そのなかで最もよく知られているのはバセドウ病という甲状腺機能亢進症です。意外なことに、と言ってしまいましたが、実はバセドウ病によって甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、それによって交感神経優位になることが原因ですから、実は体の中で起こっていることは似たようなものです。

 

 

医師による診断を仰ぐ

単に精神的なものであれ、何らかの疾患が隠れているのであれ、医師であれば的確に診断、治療してくれるでしょうから、悩まずに病院に行くのが結局は発汗を止めるための最も早い道でしょう。

 

 

よく読まれている記事

参考記事:手汗を素早く解消する手汗専用パウダーファリネの評判。ファリネが人気の秘密とは?