1. 手汗を止める方法TOP
  2. 手汗の悩みを解決ライフハック
  3. ≫手汗がひどくて、臭い対策5選!さらに組み合わせると効果大

手汗がひどくて、臭い対策5選!さらに組み合わせると効果大

臭いを我慢する人

手がくさい!

多汗症などの症状の1つである手汗に悩まされている人が沢山います。

止まらない汗自体に悩まされている人がほとんどですが、中にはその汗のにおいに悩まされている人もいます。

しかし、手汗自体に、【におい】はなく、無臭なのです。

ではなぜ手汗が臭うのかというと、手のひらの雑菌が原因です。

手のひらの雑菌

手のひらだけではなく、私たちの身体は常在菌という菌のバリアで覆われています。これは、感染症などの身体に悪影響を及ぼす菌から守ってくれる役割を果たしています。

その為、ある程度の菌が手のひらに常駐しているのは正常なことなのですが、この菌が一定数を超えると、悪臭として臭ってきてしまうのです。

つまり、多量に出てしまった汗を栄養として雑菌が繁殖することで、におい分子が放出されてしまうのです。

雑菌対策

では、どのようにして対策をすればいいのかというと、1番簡単な方法は雑菌が繁殖する前に汗を拭きとってしまうという方法です。

ハンカチやタオルなどでもいいのですが、濡れているもので拭き取った方がより効果が高いので、ウェットティッシュを持ち歩くことをおすすめします。

そして、この時に殺菌タイプや除菌タイプのものを選ぶとより一層効果的です。

その他にも、原因の根本である手汗が出ないようにするという方法があります。これには沢山の方法がある為、自分に合った方法を見つける事が大切です。

イオントフォレーシスを使用する

イオントフォレーシスは、もともと手汗の多汗症に使われる器具です。手汗を減らすことにより雑菌が増えるのを抑制することが期待できます。

皮膚科などで使われるものですが、自宅用としても購入することができます。

 

制汗剤を使用する

手汗専用の制汗剤を使用するという方法です。

塗って乾かすスプレータイプや、殺菌効果やさらさらパウダー配合のクリープタイプなど、様々な種類のものが販売されています。

この時、手汗用制汗剤として販売しているものを選ぶとさらに効果的です。

しかし、制汗剤は一時的に汗を抑える為の物なので、持続性などはあまり期待できません。

その為、手の汗が特に気になるときや、絶対ににおいたくないという時にピンポイントで使用するようにします。

ミョウバン水を使用する

ミョウバン水を使用する方法です。

ミョウバンには、においの原因となる雑菌を殺菌する効果があるだけではなく、消臭・制汗作用も期待できるのです。

そして、このミョウバン水は簡単に自分でも作ることが出来るのです。

作り方としては、水1.5リットルにミョウバン50gを溶かします。
これだけでミョウバン水の完成です。

使い方としては、先ほど紹介した方法で作ったミョウバン水をさらに20~50倍程度の水で薄めて、手に塗るようにします。

この時の注意点として、必ず薄めてから使用するようにするという事です。薄めずに使用してしまうと、かぶれや痛みの原因になってしまう危険性がある為です。

また、このミョウバン水は、長期間使い続けることで汗腺が縮まって汗の出る量が減ることもあるそうです。

食事療法で抑える

栄養改善

食事療法で臭いの原因を抑えるという方法もあります。

例えば、日常的に香辛料の効いた辛い料理や、油っこい食事が多い人は、汗の臭いが強い傾向にあります。

その為、そういった商事の食べ過ぎを防ぐだけでも、臭い対策に繋がってきます。

食生活が乱れがちな人はまず食生活を見直し、汗を抑える働きがあると言われる豆腐や納豆などのイソフラボンを含む大豆製品を積極的に取り入れる事をおすすめします。

そうすれば、今までと同じように汗をかいたとしても、臭いがかなり改善されます。

まとめ

このように手汗の臭いを防ぐ方法は沢山あります。

臭いが気になって仕方がなくて悩んでいた人は1度上記に記した方法を試してみることがおすすめです。

また、方法によっては組み合わせて対策をすることが出来るものもあります。

例えば、日常的に食事療法を行いながらミョウバン水を使用する、など組み合わせれば相乗効果でさらに高い効果が期待できます。

継続することに意味がある方法もあるので、根気強く向き合っていく必要があります。

手汗が臭い人の対策まとめ
  • 雑菌対策をする
  • 手汗専用の制汗剤を使用する
  • ミョウバン水を使用する
  • 日々の食事を改善する

手汗を止める制汗剤ランキング

手汗の制汗剤の人気ランキング