サンダルにつく足汗対策は何?

MENU

サンダルにつく足汗対策は何?

暑い季節になるとサンダルを履く女性は多いと思われますが、足汗をたくさんかく人にとっては試練の季節ともいえることでしょう。

 

足汗をかくことでサンダルに汗がついてしまいそれが滑ったり臭いを発することとなるときになってしま人も多いことかと思われます。

 

通常であれば通気性が良いので履いていれば靴を履いているよりも汗をかくことはないと思われがちですが、足汗をかきやすい人は会談などの段差があるところや坂道などで滑りそうになりヒヤッとした経験を持つ人は少なくないでしょう。

 

1年のうちで最も履き心地が良い季節に履けないのはもったいないですし、なんとか足汗を気にすることなく履ける対策はないのでしょうか。

 

そこで、足汗をたくさんかく人でも気にせずにサンダルが履ける対策についていくつか考えてみましょう。

 

フットカバーを履く

まず、たくさん汗をかいてしまう場合にはフットカバーを履くことで汗を吸収させるが良いと言えます。
最近では専用のフットカバーも販売されており、足とそこの間に一枚布があるだけで汗を吸収する役割を担ってくれるので滑りにくく、デザインやニーズに合わせて履くことができるのもメリットと言えます。

 

しかし、中にはフットカバーを履かないで足先を露出したいという人もいることかと思われますが、そういう人にはストラップ付きのタイプを履くことをおすすめします。
ストラップ付きなら汗をかいても滑ることはないので歩きやすく、また足が綺麗に見えるという利点もあります。

 

 

ニオイ対策には防水スプレーが有効

汗による臭い対策でおすすめなのは、防水スプレーです。
足汗によって臭いが出る原因は、足自体が臭うのではなく汗によって蒸れることで雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことが大きな原因となります。

 

一度足の汗が染みこんだサンダルはそのまま臭いが取れなくなってしまいますので、そうなる前にあらかじめ購入して初めて履く前に防水スプレーをかけて汗が染みこむことを防げば足から臭いが出るのを軽減してくれます。

 

防水スプレーをかけるのを忘れてしまったり外出先でそんな余裕がない場合にはティッシュなどで汗を拭き取ったりウェットティッシュで足を拭いておくと臭いが気にならなくなります。

 

また、足の汗による臭いを少しでも軽減させたい場合には、常にお風呂に入った時に足をしっかりと洗い、清潔に保っておくことが大切と言えます。

 

そして、足が湿っていると蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので洗った後はしっかり乾燥させるようにしましょう。

 

 

専用制汗剤を使ってみる

ベビーパウダーや制汗スプレーを足に使用するのも良いと言えます。
最近では足専用の制汗スプレーなども出ていますが、スプレーした直後はサラサラでもしばらくするとまた汗が出てくることもあります。

 

その場合には医療機関でも治療薬として使用されている塩化アルミニウムを配合しているタイプを使用するのが良いでしょう。

 

夜寝る前に塗るだけで次の日は一日中サラサラの状態でいられますので足の汗がつく心配もなくなると言えます。

 

その他には、自宅でアロマの足湯で足を綺麗にすることも良い対策と言えます。

 

ユーカリやペパーミント、レモングラス、ラベンダーやティートゥリーといったハーブは殺菌や消臭効果が期待できますので、それらの精油を何滴か垂らした足湯を作り、それに浸かるようにするだけで洗うだけでは落ちにくい爪の間の汚れや雑菌を落とすこともできるのでより効果的です。

 

このように、足の汗がサンダルにつかないようにする対策は数多く存在しますので、毎日の生活の中でちょっと意識するだけで可愛いデザインのサンダルを履く生活を楽しめることができると言えます。

 

のまずは自分で試せることから始めてみて、臭いや蒸れ、べたつきが気にならない快適な生活を送るのに役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

 

"