東京でイオントフォレーシス の治療が受けれる病院はどこ?

MENU

東京でイオントフォレーシス の治療が受けれる病院はどこ?

イオントフォレーシスは多汗症の治療方法のことで東京都内で担当してくれるクリニックは皮膚科、美容外科が中心です。

 

原理は?

手のひらや足の裏の多汗症の場合に用いられる方法で水に弱い電気を通して生じた水素イオンで汗腺の細胞に働きかけ、汗をでなくさせます。短時間で完了するだけでなく、メスも使わず低価格でできるため手汗対策では人気の方法となります。

 

 

イオントフォレーシスは、電気エネルギーを利用してイオン性薬物を生体膜を通過させるために用いられる方法です。薬物の経皮吸収が促進されますし、エクリン腺やアポクリン腺の汗腺にダメージを与えて汗の生成を制御します。

 

手軽で副作用の心配もなく、保険が適用されることからもよく利用されていますし、効果も高いのが特徴です。手汗多汗症治療で検索すれば東京都内で治療を受けられるクリニックを簡単に探すことができますよ。

 

 

病院の選び方

多汗症は、【わきが】とは全く違うメカニズムになっていますので、手のひら、足の裏多汗症改善という目的のみでイオントフォレーシスが利用されることになり、美容皮膚科や形成外科でもアレルギー科のあるクリニックのほうがおすすめです。

 

美容整形外科や美容皮膚科ではイオントフォレーシスを美容成分を肌の奥にまで浸透させる高濃度ビタミンCの誘導体のためのイオン導入ベースとして利用している場合やボトックスよりも症状の軽いケアに対して利用している場合もあり、早い症状の改善を期待する場合やアンチエイジング対策の一環として採用しているクリニックもあります。

 

多汗症の重症度によっても回数が変わってくることもあり、週に1回から3回、定期的に通院しなければならないこともあります。

 

選び方の注意点

東京都内の皮膚科ではカウンセリングを受けて自分の症状にあっているかどうか、施術後に症状が軽減したかどうかをチェックする必要があります。漢方や塗り薬との併用、塩化アルミニウム水溶液を塗り薬として利用したりと方法と選択肢が複数あり、ドクターが専門医であることが必須条件です。

 

症状のレベルを詳しく診察して判断してくれるうえに、症状にあった治療方法を選択してもらうことのできる信頼できるドクターを探すことが大切になります。

 

胸腔鏡下胸部交感神経切断術という外科手術やボツリヌス毒素の注射、アルミニウムローションの塗布、イオントフォレーシスと多汗症には4つの主な治療方法がありますから、外科と内科を併設しているクリニックも選択肢に入れておくと今後の治療の幅が出てくることはいうまでもありません。

 

実は、イオントフォレーシスは自前で購入することができます。

 

イオントフォレーシス はどこで購入できるの?を参考にしてみてください。

 

 

今すぐおすすめの手汗制汗剤を知りたい方はこちら

おすすめ手汗制汗剤へ