1. 手汗を止める方法TOP
  2. 顔汗対策
  3. ≫電車やバスに乗っていると額の生え際から大量の汗がでて止まらない時の対処方法

電車やバスに乗っていると額の生え際から大量の汗がでて止まらない時の対処方法

電車やバスに乗ると、かなり蒸し暑い時もあります。また、学校や仕事に行くため、ちょっと時間がない場合には、急いで電車やバスに乗り込むため、かなり汗をかいてしまうこともあるでしょう。また、額の髪の毛の生え際などからかなり多量にでてしまうこともあるため、できればなんとかしたいところです。

何も対策をせずにいると、体臭などの原因になったり、あまりダラダラと汗をかいていると電車などではかなり混んでいる場合には、周囲の人達からも、その状態をみられてしまいちょっと清潔感に欠けるイメージとして敬遠されてしまうこともあるでしょう。

また、周囲に対して不快な気分にさせてしまうこともあるので、できれば対策をしたいところです。

こまめに汗を拭く

単純に汗を拭き取ることも大切です。だらだらと多量に垂れ流しの状態だと、服なども濡れてしまうため、タオルなどを常備しておき、こまめに拭き取ることも大切です。

通気性のよい服装

また、電車やバスなどでは、気温が高い時期になると、湿度も高い傾向もあります。そのため、服装などもできるだけ通気性のよい服装をすることで、暑さを軽減することも大切です。

服などどのようなものを着ても大差ないだろうと、適当に選んできていると、気温が高い時期では、通気性の良いものと比べるとかなりの差に気づいてしまうものです。そのため、通気性のよい服を選び、電車やバスに乗るようにしましょう。

過度の額の汗は、薄毛の原因にもなりえる

さらに生え際などに汗をかいてしまうと、抜け毛の原因になることもあります。多量にかいてしまうと頭皮などに対して不衛生な状態になり、頭皮環境の悪化につながります。雑菌などが繁殖しやすく、皮脂や汚れなどにより毛穴が詰まりやすくなり、抜け毛増加になることもあるでしょう。

その状況が長く続いてしまうと、薄毛が進行し、見た目なども変化してしまうため、ちょっと電車やバスに乗ることに抵抗がでてしまうこともあります。薄毛の初期の状態ならば、髪形を工夫したりすることで、対策することもできますが、薄毛がかなり進行してしまうと、髪形をかえただけでは、対処しきれなくなることもあります。

そのため、専門の医療機関で治療をしてもらうか、自分で薄毛に対して対策をすることも考えなければならなくなるでしょう。

スキンケアを工夫

その他にも、生え際から多量に汗をかくことでの問題点としては、額の肌荒れです。衛生状態が悪くなるため、肌荒れやニキビなどができやすくなる可能性があります。ある程度、拭いて対処するのはいいですが、やはり、ある程度対策をしなければ、ニキビなどができやすくなってしまうため、自宅でのスキンケアなどもする必要がでてきてしまうでしょう。

洗顔によりある程度汚れや皮脂などを洗い流し、また、肌の乾燥などを防ぐために化粧品で肌をカバーして保湿などをしっかり行うことで肌の状態を保つことも大切です。洗顔時には、洗いすぎに注意しましょう、肌の汚れを落とすために丁寧に洗顔をすることも大切です。

ですが、皮脂などを大半洗い流してしまうと、肌を保護するための皮脂までも洗い流してしまうことになるため、肌が外部からの刺激に弱くなり、また、肌の乾燥を防ぐことができなくなってしまいます。

そのため、洗顔時の注意点として、適度に汚れを洗い流すことが大切です。冷たい水や熱いお湯ではなく、ぬるま湯を使うことで、余分な皮脂なども適度に洗い流すように心がけましょう。

低刺激の化粧品を利用

スキンケアとして、化粧品を使うときも、自分の肌質にあった化粧品を使うことが大切です。自分の肌に対して、刺激が強すぎないように、低刺激のものを使ってみるのもいいでしょう。

まとめ

額の生え際から汗が多量に出る場合には、しっかりとふき取ること、また、服装などは通気性の良いものを使うこと、その他にも、頭皮や肌の状態がよくなるように対策をすることなどが大切です。

手汗を止める制汗剤ランキング

手汗の制汗剤の人気ランキング