ゲーム機に手汗がべったりしてアクションゲームがしずらい

MENU

ゲーム機に手汗がべったり

普段、普通に生活しているときは手のひらは汗が出てしっとりとしていますが、緊張するとさらにびっしょりになってしまいます。

 

 

手のひらのどこに、こんな汗が出るほどの汗腺があるのかと不思議になるくらいびしょびしょになってしまいます。

 

特に人前で話す前など過度な緊張をすると、最初に手が冷たくなり、そのあとに手のひらから汗が出てしまい、いつもハンカチは欠かせないものになっています。

 

私の手汗が邪魔になるシーンは、ゲーム。

緊張とは別に、ゲームに熱中すると手汗をかいてしまいます。特にアクションゲームなどをしていると、ゲーム機を持つ手が汗をかいてしまうので、ゲーム機に汗が付着してボタンを押すときに滑ってしまうこともあります。

 

あまりに手汗をかいてしまうので、汗がボタンの隙間からゲーム機本体の中に入ってしまい、故障してしまう原因になってしまうのではないかと思い、いつもゲームをするときは横に汗ふき用のタオルを置いています。

 

ただ、手汗をかくのはボスキャラが出てきたりする最終的な局面や失敗することが許されない大事な局面なので、手汗をかいてもかまってはいられません。

 

 

ただボタンが滑りやすくなるので、肝心な場所で失敗することも多く、
ボスキャラにやられてしまうことも何度もありました。

 

ゲーム機を使った後は、手汗がついたままにしておくと、ボタンが黄ばんでしばったり、ボタンとゲーム機の隙間にほこりがたまりやすくなるので、いつもウェットティッシュなどで拭くようにしています。

 

 

手をいつもサラサラにする状態にするには、パウダーが便利です。新体操の選手も平行棒のときに使用しますね。それと似たような感じではありますが、手汗専用のパウダーが市販されています。

 

そんなパウダーを利用するというのもありかもしれません。

 

参考記事:手がサラサラになるパウダー