塩化アルミニウムの手汗への効果と知られざる副作用!!

MENU

塩化アルミニウムの手汗への効果と副作用

季節を問わず手にじっとりと汗をかいてしまうと、つり革や書類を持ったり、人と握手することさえ躊躇するようになってしまいます。

 

手汗の抑制のために使われるものに塩化アルミニウムがありますが、その効果とはどのようなものなのでしょうか。また、知られざる副作用についても調べてみました。

 

 

塩化アルミニウムの効果

塩化アルミニウムは市販の制汗剤にも配合されている成分で、
汗腺を炎症させることで変形させることで汗が出ることを抑制する効果があります。

 

その効果は一過性のため、
制汗剤などを定期的に使用する必要があります。

 

 

しかし、制汗作用は大きなもののため、
手掌足底多汗症などの処方薬としても利用されています。

 

 

この作用は手の平にももちろん発揮され、
手汗の解消のために利用することができます。

 

市販の制汗剤を使用しても良いのですが、
市販の制汗剤に配合されている塩化アルミニウムの濃度によって効果は違ってきます。

 

 

処方される場合には濃度が20%程度なのですが、
市販の制汗剤はそれよりも濃度が低いものが多いです。

 

 

塩化アルミニウムはもともとは実験用の物なので一般のドラッグストアなどでは販売されていませんが、
比較的大きなお店やネットで購入することができるため、自分で塩化アルミニウム水溶液を作って手汗の抑制に使用することもできます。

 

 

塩化アルミニウムの副作用

手汗が軽減され、いいことづくめのように思われますが実はいいことばかりではないのです。

 

塩化アルミニウムを直接皮膚に塗布するため、刺激性皮膚炎を引き起こすことがあります。そのため、赤みや肌荒れなどがあらわれたりします。もしそのような現象があらわれたのならば、直ちに治療の中止を行った方がよいでしょう。

 

また中止するまでひどくないならば、ステロイド剤を塗ったりして対処することが可能です。

 

 

使用方法

20%以下の水溶液を就寝前に綺麗に洗って乾燥させた手になじませ、そのまま就寝します。朝起きたら手を洗って塩化アルミニウムを洗い流すというだけの手軽さです。

 

 

体質によっては発疹が出るなどの症状がありますので、そのような時には市販の制汗剤を利用した方が良いでしょう。

 

 

私おすすめの手汗グッズ