1. 手汗を止める方法TOP
  2. 手汗の悩みを解決ライフハック
  3. ≫手汗のせいでバッグの取っ手が、べたべたしてしまう人の対策方法とは?

手汗のせいでバッグの取っ手が、べたべたしてしまう人の対策方法とは?

暑い時期や緊張すると手汗をかいてしまい、バッグの取っ手がべたべたしてしまうという事に悩んでいるという人が多いです。
他人に見られてしまうのが恥ずかしいというだけではなく、汗が付いたままにしてしまうとバッグの取っ手に汚れが染みついてしまい見た目も悪くなってしまいます。

高価なバッグの取っ手が汚れないようする対処方法とは?

大切なバッグを綺麗な状態のまま使う為に、手汗をかいてしまった時の対処法を知っておくようにしましょう。対処法はいくつかありますが、場面によって対処の方法が異なります。

手汗を止める効果のある制汗剤を使用してみる

バッグを持っている時に手に汗をかいてしまい困っているという事であれば、出かける前に手に付ける制汗剤を付けておくのが効果的です。制汗剤にはスプレータイプの物とクリームタイプの物、その他パウダータイプがあります。
スプレータイプであれば、手がべたべたする事なく気軽に使う事ができるというメリットがあります。
クリームタイプは少し手がべたついてしまいますが、効果が長続きするというメリットがあるのでできるだけ長い間効果が続いて欲しいという人にお勧めです。その他、パウダータイプは、都度使用するタイプなのですが使用感がいいので私は大好きです。当サイトでも、レビューしているので参考にしてみてください。
パウダータイプの手汗専用制汗剤ファリネ
またしかし、スプレータイプもクリームタイプも手を洗ったりしてしまうと、効果がなくなってしまう為持ち運んで定期的に使っておく必要があります。
最近は持ち運びに便利な小さいサイズの物が販売されていたり、おしゃれなパッケージの物も販売されているので、持ち歩いて日常的に使いたいという場合にはこのような商品を選んでみましょう。

手袋をするという方法

その他に、手袋をしてバッグを持つという方法もありますが、夏場は暑く手が蒸れてしまうこともあるのであまりおすすめできません。
制汗剤を使わずに、手袋を使って対処したい場合は、手が蒸れてしまわないようにメッシュなどの通気性の良い素材で作られた手袋を使ったり、こまめに手を洗ったりして工夫をしながら使うようにしましょう。

手汗で汚れたバッグのケア方法

手汗に気を付けていても、バッグの取っ手が汚れてしまった時はできるだけ早めに乾いた布でふき取るようにしましょう。布で汚れをふき取る事ができないような素材の場合は知らないうちに汚れがしみ込んでしまい、シミができてしまう事もあります。
家庭で自分でケアしてしまうとバッグを傷めてしまう恐れもあるので、染みついてしまった汚れを落としたい場合は、バッグのクリーニングをしている店舗を利用して丁寧に汚れを落としてもらいましょう。
費用はかかりますが、染みついた汚れが綺麗に落ちるだけではなく、店舗によっては除菌をしてくれる場合もあるので、より長い間バッグを使い続ける事ができます。
バッグのクリーニングをしている店舗は限られているので、依頼をしたい場合はあらかじめ問い合わせておくことを忘れないようにしましょう。バッグの取っ手が皮でできている場合、道具を揃えれば自宅で手汗による汚れを綺麗にすることも可能です。ですが、私はおすすめしません。クリーナーでかえって染みを悪化させることがあるからです。
革製品なら特にです。

自分で革製品をするケア方法

※どうしてもやってみたいという方向けです。
バッグの取っ手を濡れた布やスポンジなどで全体を湿らせるように拭いた後、皮専用のクリーナーを全体になじませます。しばらくすると汚れが浮き出てくるので柔らかな布でやさしく拭き上げましょう。十分に乾かして皮を守る為のクリームを全体に塗って優しくふき取る事で皮を保護する事ができます。
必要な道具を揃えるのは大変ですが、道具を揃えて手順を理解してしまえば自宅でお手入れをする事ができるので実践してるのもいいかもしれません。
自宅で手入れをする事が不安な場合は、やはり皮製品専門の業者に依頼をする事で丁寧に汚れを落としてもらえて、皮をケアしてくれます。予約が必要な場合もあるので皮製品専門の業者にクリーニングをする際は事前に予約が必要かどうか聞いておきましょう。
バッグの取っ手が手汗でべたべたしてしまうと気分も落ち込んでしまいます。予防する為にはどうしたら良いかという事や、汚れが染みついてしまった時はどのように対処するべきか知っておくようにしましょう。

手汗を止める制汗剤ランキング

手汗の制汗剤の人気ランキング